MacBookに必須のUSB-C対応の『 HooToo USB Type C ハブ 3.0 3ポート HDMI SDカードリーダー』

オススメの物




こんにちは、毎日MacBookを持ち歩いている(@takibinex1)です。

MacBookはUSB-Cという端子が1つだけ付いています。MacBook Proなんかと比べると見た目

“石川貴文”
少なっ!
って思いますよね。

そこで僕が使っているオススメの
『HooToo Shuttle USB Type-C Hub』を紹介します。

HooToo Shuttle USB Type-C Hub

仕様
12インチMacBook(2015/2016)に対応した、USB3.0ポートx3、4K 30Hz/Full HD 60Hzに対応したHDMIポートx1、SD/SDXCカードスロットx1、USB Type-C PowerDeliveryポートx1を搭載したUSBハブ/USB Dockです。12インチMacBookに充電をしながらすべての拡張ポートが利用できます。

使ってみて感じたメリット

1.USB3.0ポートが3つあるのでiPhoneを充電しながら他のものも接続できるので全く困りません。

2.SDカードも読み込めるようになるのでSDカードでデーターのやり取りをするにも最適です。僕は写真をとるのでSDカードスロットは大変便利です。

3.持ち運びもコンパクトで気になりません。

4.熱の問題も少ないので熱くなってフリーズするとかも一度もないです。

 

使ってみて感じたデメリット

ないです。強いていうならばデザインでしょうか。コードをさしてぷらぷらしてるので、一体型のすっきり感はないです。

まとめ

MacBookはUSB-Cの端子が1つしかないので、

このようなハブは絶対に1つは必要です。

一年くらい使っていますが認識しないや、

熱でフリーズするなど一回もないのでとてもいいです。

 

色々な商品がありますが、

『熱くなりすぎる』

なんてレビューもあるので、

HooToo Shuttle USB Type-C Hubを使っています。

毎回HooToo Shuttle USB Type-C Hubをつけて

iPhoneを充電しながら他のものを接続してなんて状況も少ないので、

ここぞという時に使います。

僕の一番の使い方は大量の写真データーをSDカードから写すということなのでとても役立っています。

MacBookはUSB-Cの端子が1つなので不便そうと感じますが、実際使ってみると不便に感じません。

HooToo Shuttle USB Type-C Hubを持っていれば万能ですので、買って損はないですね。