a7IIIテザー撮影設定

SONYImaging Edge (Remote/Viewer/Edit)設定 カメラ

SONY(ソニー)a7IIIでImaging Edgeを使ってテザー撮影をする方法

“ishikawa”
SONYa7IIIでテザー撮影の設定方法が分かりずらかったので解説します
“ishikawa”
まず僕の使っているMacですが
Macのバージョン

2016年に発売したMacBookです。
MacBookProではないのですが、

サクサクテザー撮影できています。

“ishikawa”
かなり、もたつくかと思いましたが連写をしても全然ストレスありませんでした

テザーで使っているソフトは

SONY純正のアプリ

Imaging Edge (Remote/Viewer/Edit)です

有線での接続が必要です

最近のMacはUSB-Cですので
a7IIIとMacを接続するケーブルを用意してください。

“ishikawa”
ちなみにMacに付属されているUSB-Cの充電器のケーブルでは認識しませんでしたよ。

a7IIIテザー撮影 カメラ側の設定方法

カメラ側の設定

カメラ設定

1.USB接続はPCリモートにしましょう

2.USB給電を入にする

USB給電が最初は初期設定が

切に設定されていたのです。

この状態だと何故か

カメラを認識しなかったので『入』にしました

そうしましたら、カメラとMacが接続されました

“ishikawa”
上記の画像の様に設定しましょう

a7IIIテザー撮影 MacBook側の設定

a7IIIテザー撮影 MacBook側の設定
Dropbox、Google バックアップと同期
Adobe Lightroom Classic CC
Capture One Pro
Amazonプライムフォト

以上がPC上で起動していると
接続できないことが確認されています。

この場合、これらのソフトをいったん終了し
1分程度時間を置き、

Remoteを起動してください。

 

以上を設定したらMacとの接続は完了してテザー撮影をすることができます。

Adobe Lightroom Classic CCはSONYのRAWに対応していませんのでテザーができません

Capture Oneは有料です。接続することは可能です。

プロの現場で使うわけではなければSONYのImaging Edge (Remote/Viewer/Edit)で十分だと感じました

“ishikawa”
カメラのモニターで確認してピントがあっていると思っても、パソコンで見たらピントがズレていたっとことは多いです。瞳afがあるのでポートレートの時はピントを外すことがないですが、髪の毛の動きなどヘアスタイル撮影には絶対にテザー撮影したいです。

 

設定自体は簡単なのですが、

何故か最初にPCとa7IIIとの接続が

スムーズではなかったので

同じ様に困っている方は上記の設定で試してください!

 

a7IIIでテザー撮影をするメリット

カメラ側の液晶で細かいピントを確認するのは難しいです

テザーをすることによって細かいピントを確認しながら撮影できます。

モデルさんなどを撮影するときも一緒に確認が出来て
撮影されている感も出せるので繋げない手はないです。

a7IIIの力もさらに発揮できますよ

“ishikawa”
設定は簡単なので一度やってみてください!