MacBookを1年半使って感じた3つのメリットと4つのデメリット

オススメの物




こんにちは、パソコン外に持ち運びますか?僕は毎日持ち運んでいます!
持ち運びに最適なMacBookを使ってみてよかったこと、悪かったことを書きたいと思います。

僕の使っているMacBookのスペックは以下の通り

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)
プロセッサ 1.1 GHz Intel Core m3
メモリ 8 GB 1867 MHz LPDDR3
CPU.メモリ共に増設はしていません。カスタマイズなしのモデルです。

以前はMacBook Pro2014 15インチを持ち運んだりしていました。持ち運べなくはないのですが、
いかんせん重くて重くて
ノートで持ち運べるのですが、毎日持ったりするのは本当に肩がこるし重いです。

“ishikawa”
外に気軽に持ち歩いて、ブログを書いたりできる軽さが欲しい
ということで目をつけたのがMacBookです。
みた瞬間一目惚れ、アップルストアに行って日しくて欲しくて。

コンパクトさや軽さは最高ですが、

“ishikawa”
処理能力はどうなんだろう?
色々な話を聞くと、動画の処理や写真の加工をするにはちょっと力不足なんて話も聞いていました。
僕は写真を撮って加工もします。動画の編集などはほぼ行いません。
MacBook Proの選択肢もあったのですが、軽いとはいえやはりMacBookと比べると重いとのこと、毎日持ち運びたいのでMacBookを買うことにしました。


MacBookを買ってよかったこと

“ishikawa”
使ってみてよかったこと
・軽くて薄くてどこにでも持ち運べる
・メモリを増設しなくてもフォトショップ ライトルームなどの作業にストレスはない
・どこでもブログが書ける
まずは本当に軽くて重さのストレスはないです。もうこれだけで買った甲斐があります。毎日持ち歩いていますが以前のように重いなーって感じることはないです。薄すぎて壊れそうな感じもしますが、丈夫です!

フォトショップやライトルームを起動して使って見ましたが、簡単な作業は全く問題なく動きます。ブログの画像を加工したり、色味を変えたり全然ストレスなくできます。僕はモデルのポートレート撮影もしますが、撮った写真を現像していますが全然大丈夫です。素人レベルの加工くらいは全く問題ないです。

どこでもブログは本当にどこでもです。カフェなどはもちろん、公園のベンチなどでも。機動性抜群です。

MacBookを買って不便なこと

“Ishikawa”
使ってみて気になったこと
・12インチなので画面がせまい
・USB-Cが1つなので拡張が少ない
・キーボードに慣れるまで時間がかかる キーボードの音がうるさい
・メモリを増設しないと動画などの編集が厳しい
15インチくらいと比べるとやはり狭く感じます。少しだけストレスを感じます。

USB-Cの端子が1つなので充電しながら何か他の端子をさすとかが出来ないです。まだUSB-Cの企画が浸透していないのでこれからでしょうか。変換できる商品は色々と売っています。

キーボードがバタフライキーボードという使用を採用しています。キータッチが浅いので慣れるまで時間がかかります。あとキーを叩く音がうるさく感じます。

この中で一番気になったところは12インチのサイズですね。大きい方がやっぱり作業がしやすい

まとめ

気になることを書きましたが、それを上回る軽さと、持ち運びやすさ処理能力もブログを書いたり、画像処理なんかをしてもストレスはいりません。本当にオススメできます。拡張性も気にならないと思います。

“ishikawa”
MacBook Proを毎日持ち歩くのとMacBookを持ち歩くのではストレスが違います!断然MacBookがオススメです!