在宅勤務・リモートワーク辛くならない時間管理の仕方!

仕事

リモートワーク辛くならない時間管理の仕方!

“ishikawa”
コロナの影響でリモートワークが増え、自己管理で苦しんでいる人も多そうですね。

僕も今までリモートワークはしたことなかったのですが

突然在宅期間が1ヶ月ほどになって、

最初は家で作業することのリズムが取れなく

うまく仕事をこなすことができませんでした。

 

 

体験としてコツを掴んだのですが

結論

“ishikawa”
とにかく時間や、やることを決めてルーティーン化(習慣化)することですね!

ルーティーン化に組み込むといいことを書きます

散歩、ランニング

“ishikawa”
僕は朝にランニングをしています。
太陽の光を浴びて、外の空気を吸うことで
ポジティブな気分になれる
し、散歩でもいいので身体を動かしましょう!

1日のどこかの時間に散歩やランニングを取り入れると
仕事モードからリセットされて、その後の仕事にまた集中できます!

掃除をする

デスク

掃除を仕事をリセットするにはいいです。

部屋が散らかっていると、気分的にも集中できません。

ピカピカにしなくてもいいので、目に見えるところを綺麗にするだけでも

気分転換になります。

“ishikawa”
これも時間を決めて行うことによって在宅の仕事が効率よくなります。

子供と思いっきり遊ぶ

シャボン玉で遊ぶ女の子

お子さんがいる方は、子供と遊ぶ時間を作ってください。

“ishikawa”
これも時間を決めて遊びましょう!
“ishikawa”
僕は午前中は子供と遊ぶ時間を作っています。

お昼寝をする

在宅ワーク、リモートワークだからこそ出来る『お昼寝』

大きい企業はお昼寝の時間があるくらい、生産性が上がります。

15-30分寝るだけで、頭が断然スッキリしますよ!

“ishikawa”
絶対やってみてください!

リモートワークになれなかった時の自分

リモートワークを始めた最初は、朝に

子供たちが起きて来てご飯をあげて

食事がおわったら一通りかたずけて

仕事をしようとパソコンを開くと

子供たちが、永遠と話しかけて来て

全く集中できず

お昼になっって、ご飯をあげて

かたずけをしてパソコンを開くと

遊んでとせがまれて

全く仕事にならず

夕方になって食事の用意をして

ご飯を食べさせて

お風呂に入れて、寝かしつけたら

自分も寝てしまって

1日が終わってたっていうことが続いて、

仕事が全くできませんでした。

“ishikawa”
妻も仕事があるので家にいないことも多いんです。
はっきり言ってちっちゃい子供がいる

家でリモートワークはできないんじゃないか

と思います。

1人だったらですが、、、

妻がいるときは、子供を見る時間を決めて

1日を完全ルーティーン化することによって

自己管理と時間管理が上手くなって

在宅の仕事ができるようになりました。

“ishikawa”
とにかくルーティン化しましょう!

僕の1日のルーティーンを書きますね

5:00起床

ランニング

6:30
子供たちが起き始めるので朝食

9:00まで家の掃除

9:00-12:00
子供たちを連れて外で遊ばせる

12:00−13:00
昼食

13:00
妻とバトンタッチ

13:00-14:00
昼寝

14:00-19:00
仕事

こんな感じで朝が弱い妻は午前中休ませて
午後からは子供たちを見てもらって仕事をしている

これを毎日のルーティーンとして始めたら

1日を効率よく過ごせるようになりました。

 

まとめ

家で作業するコツは、とにかくルーティン化(習慣化)です。

家だと誘惑も多いし、集中する時間は限られています。

毎日、時間が決まって入れば、時間配分を

考えなくていいので、めちゃくちゃ楽になります!

“ishikawa”
子供を1人で見なければいけないとなると、ちょっと厳しいのですが

在宅勤務・リモートワークで上手く時間がコントロールできない人は

1日の流れをおおよそ決めて、それを毎日繰り返すことによって

在宅での仕事のやりづらさから解放されます。

“ishikawa”
環境が変わるとなれるまで大変なので上手くルーティーン化しましょう!