ブログが書けなくなったらする、たった1つのこと

ブログを書けなくなったときにするたった1つのこと ブログ運営

こんにちは石川貴文です。

ブログを始めた時はモチベーションが高いので、書こうという気になっていますが、

いざ書いていると

1日に2000字とか書かないと!
なんて考えると手が止まってしまって、結局書かない状態になってしまいます。

まずは手を動かさなければいけないのですが、なぜか書けない。

“ishikawa”
結論はツイッターを最大限に活用しようです!




なぜブログが書けないのか?

うまく伝えようと思うと頭で考えて手が止まってしまいますね。

テーマがでかすぎる
これも書きたいことはあるのですが、書きたい情報がゆえすごく長いブログになってしまうと、頭で考えて手が動かないですね。

身体のコンディション
疲れているを理由に手を動かすのが止まりますよね。


こんなのも見かけました。

パソコンが苦手
これは致命的ですね。僕は大丈夫ですが、ワードプレスでブログを立ち上げるなんてパソコンが苦手だと難しいですよね。

ブログのネタが見つからない
これもあるあるです。実際僕もネタがなく、『ブログが書けない』をネタにしてますから。

文章を書くのが苦手
これも僕ですが、最初からうまく書ける人はいないと思います。
実際手を動かして書いているうちに書くのが苦手は克服できると思います。
これも手を動かさないとですね。


ツイッターには色々な有意義な情報があふれていますが、見ているだけでアウトプットしないと忘れていきます。手を動かしてアウトプットしていきましょう。


これも僕には当てはまりますね。
完璧じゃなくともいいんですよね。
ネタを考えてタイトル考えて、少し書いて、続くでもいいんですよね。
あとでいくらでもリトライできるから。

ツイッターを活用してみる

これもインプットした情報ですが、ツイッターは140文字という制限があるので、ブログが書けない人はツイッターで呟けばいいです。140文字におさえないといけないので、文章力が鍛えられます。
この記事もツイッターで自分が呟いたことを載せている手抜き記事ですが、それなりに見えると思います。

まとめ

ブログを書くときには完璧を求めないで気になることを書いていきましょう。
でもただの日記みたいな感じだと、たくさんの人に読んでもらえないので誰かにとって有益な情報を書きましょう。
途中だっていいんです。リトライすれば。
まずは手を動かしましょう!どんな人でも簡単には成功していません。
ツイッターを活用してどんどん呟いていきましょう。
呟く内容もジャンルを絞ってつぶやけば誰かは見ていますから。

“ishikawa”
ほとんどの人が脱落していきます。書き続けましょう!継続は力なり!